toeicでハイスコアを狙える短期集中勉強方法

toeicの短期集中型の勉強で効果的なのは、文法を徹底的にマスターすることです。英語の文法は複雑ですが、一度覚えてしまえば、使いこなせるようになります。文法は英語の基礎です。文法が分かっていないと、英文を聞き取ることができません。読むことも難しいです。toeicのために短期集中で勉強しておけば、英語の基礎を身に付けられます。語彙も英語の基礎ですが、短期集中では限界があります。ただし、toeicでよく出題される単語はできるだけ覚えておく必要があります。文法を覚えながら、単語も暗記できる方法があるので、それを実践しましょう。その方法は英語の重要な文法事項が含まれた英文を覚えることです。それを集中して行えば、短い期間で単語と文法の両方を覚えられます。

文法は何をどれぐらい勉強すれば良いのか

英語の文法の参考書はたくさん販売されています。その中でtoeicに特化したものを選びましょう。専門的なむずかしい文法書を選んではいけません。短期集中で勉強しないといけないので、専門的なことまで目を通す暇はありません。参考書が決まったら、それを通読します。もし時間がなかったら、関係詞や仮定法など難しい部分だけを読むようにします。この時に大切なことは書いてあることを9割以上理解できることです。購入する時に参考書を冒頭の部分をよく読んで、理解しやすいかチェックしましょう。通読したら、もう1回読むようにします。この時に参考書に含まれている例文を暗記するようにします。あやふやな暗記ではいけません。完璧に覚えるようにします。口で唱えたり、紙に書いたりすれば覚えやすくなります。

余裕があったら過去問をしてみよう

文法書の例文を暗記するだけでも、短期の間にtoeicの点数を上げられます。もし余裕があったら、過去問を解答してみましょう。この試験は独特の形式を持っており、試験の前に慣れておくことが大切です。特に目立つ特徴は多くの問題が出されることです。リスニングのパートとリーディングのパートが100問ずつ出題されます。量が多いので、早く解かないと最後まで回答できません。スピードをつけるために、過去問で練習するのです。過去問を解いて、答え合わせをしたら、自分の間違えたところを暗記しましょう。単語だけ覚えるのではなく、文章を覚えるようにします。それによって英語の基礎の力がアップします。暗記は大変ですが、暗記抜きで英語の能力を上げることはできません。文法書の英文と一緒に覚えましょう。