短期集中型が有利なtoeic対策

短期集中でtoeicの点数を上げる時は、自分の得意なパートの点数アップを目指しましょう。toeicには、リスニングとリーディングの2つのパートがあります。そのどちらかのパートを短期集中で勉強します。両方した方が点数は上がるのですが、短期集中の場合は取り組みやすいほうをした方が、toeicの点数はあがります。まず過去問を解答しています。解答して点数の高いほうを見つけます。両方のパートの点数が同じぐらいだったら、自分の好きなパートの勉強をしましょう。得意な方に集中するのですが、苦手な方もできるだけ勉強しておきます。苦手な方は、過去問を繰り返し解くだけで構いません。繰り返し解答すると、問題に慣れてくるので苦手意識を小さくすることが可能になります。

リスニングのパートに力を入れる時の勉強法

リスニングのパートでは、長文が出題される部分が一番難しいです。長文はこのパートの一番後に出されます。ここで点数を取ることができたら、全体の点が確実にアップします。短期の勉強なので、過去問を使います。過去問の長文の部分を何回も解答します。ただ解答するだけではいけません。自分が聞き取れない単語があったら、それをノートに書きだします。辞書を使って意味も調べておきます。辞書に収録されている例文も書きましょう。そしてノートに書かれた単語と例文をできるだけ覚えるようにします。それをしながら、長文の音読をします。音読をすることで、自分が覚えられなかった単語を記憶できるようになります。音読をすると、自分の耳で聞くことになるので、記憶が確実になると同時に、リスニングの対策にもなります。

リーディングのパートに力を入れる時の勉強法

このテストのリーディングのパートで一番難しいのは、最後の長文の部分です。文の量が多いので、ここで時間がなくなる人もいます。短期で勉強する時は、この部分のみに集中します。過去問の長文のところを何回も解きます。解くときには極力時間を意識しましょう。最初は時間内にできないこともありますが、練習を重ねると、時間内にできるようになります。長文の中で分からなかった単語は、すべて確実に覚えてください。このテストは過去に出た問題が形を変えて新しく出題されることが多いので、過去問を熱心に勉強することは、点数アップにつながります。単語は単独で覚えるのではなく、文章の中で覚えましょう。toeicの問題文を丸ごと覚えても良いですし、辞書を引いてそれに載っている例文を覚える方法もあります。