toeicは短期集中勉強が効果的です

TOEICで短期集中の勉強をして、スコアをアップさせることができます。その時に大切なことは、英語漬けの日々を送ることです。一日中英語を使うのは不可能ですが、自分が自由になる時間はすべて英語に費やすようにします。それによって、短期集中でスコアを上げられるようになります。このtoeicの短期集中型の勉強は、2週間から1ヶ月程度の時間があれば、可能です。短い期間だと思われるかもしれません。しかし、それだけの期間に集中して勉強をすれば、必ずスコアは上昇します。最初からあきらめてはいけません。一点でも多く得点しようとする貪欲な態度が、短期集中によるスコアのアップにつながります。あれこれ悩んでいないで、勉強を始めましょう。始めたら、それをやり通すのです。

toeicのために早起きをする

英語漬けの日々を送るには、早起きが大切です。朝早く起きて、その時間を勉強に使います。いつもより1時間早く起きるようにしましょう。不可能だと思っても、早めに寝れば、早起きができるようになります。朝に一番適しているのは、音読です。音読によって脳を活性化して、一日の良いスタートが切れるようにします。音読が脳に良いことは科学的に証明されています。脳のいろいろな部分を同時に使うからです。音読に使う教材は市販のもので構いません。ただし、ネーティブによる朗読のCDが付属しているのを選ぶ必要があります。それを聞いて正しい発音をするためです。音読を通して、単語と表現を覚えるようにします。声に出して、自分の耳で聞き取るので、音読は暗記にもあります。繰り返し文を読んで、重要な英語を覚えましょう。

細切れの時間と夜の時間も活用する

朝だけの勉強では十分ではありません。通勤時間や会社が終わってからの時間にも勉強しましょう。通勤時間は暗記に適しています。単語や熟語をできるだけ覚えましょう。通勤時間にたとえ3つしか単語を覚えられなくても、それを1ヶ月続けたら、90個の単語を覚えられます。積み重ねが大切です。文法のことを覚えるのに使うこともできます。重要な文法事項が含まれた例文を覚えるようにします。自分が覚えた単語の例文を覚えることも必要です。家に帰ってからは、過去問を解く時間にします。toeic対策として過去問の解答は欠かせません。最初は時間を気にしないで、じっくり考えて解くようにします。問題の形式に慣れてきたら、時間を意識してできるだけ早く解答できるようにします。この試験は問題の数が多いので、スピードが大切です。