短期集中でスコアアップが狙えるtoeic対策

toeicを受験する人のレベルには個人差があり、勉強法も異なってきます。上級者と初級者では短期集中の勉強の仕方は同じではありません。ただし、その両者に共通する部分もあります。どちらのレベルの人も過去問を繰り返して解答することは大切です。過去問を解くと、この試験の傾向が容易につかめます。試験問題に慣れることができるので、本番の時に有利になります。もし時間的な余裕がなかったら、過去問を何回も解くだけでスコアアップが狙えるようになります。1回目に解くときは、正解の数を気にする必要はありません。それよりも自分の間違いやすいパートを見つけるようにしてください。2回目以降はそのパートの問題を中心に解くようにします。本番が近付いてきたら、時間を意識して素早く解くようにします。

初級者はまず基礎を固めることが大切

英語の初級者の方がtoeicを短期集中で勉強する時は、自分の苦手な基礎の部分を集中的に勉強します。例えば単語が苦手だったら、単語を短期集中で覚えます。短い間なので、いろいろなものに手を出してはいけません。まず苦手なものの克服を目指します。toeicの試験は1回だけではありません。会社などの昇進に関係する時は、何回も受けることになるので、まず基礎をしっかりすることが正接です。初心者の方の短期の勉強に適しているのは、例文の暗記です。役に立つ英文を短期間のうちにできるだけ多く覚えましょう。英文を覚えたら、英語の土台作りをすることができます。また文の中には単語も含まれているので、英語の語彙力の増強もつながります。英文と単語が多く頭の中に入っていれば、すべてのパートの点数が上がります。

上級者は英語を多く読んで、多く聞く

上級者の方がtoeicの短期収集中の勉強をするときは、できるだけ多くの英文を読んで、できるだけ多くの英語を聞くことが大切になります。英文は雑誌を読んだり、オンラインの新聞記事を読みましょう。インターネットを使えば、英語の新聞をオンラインで多く読むことが可能です。聞くものは、英語のニュースにしましょう。こちらもオンラインでたくさん聞けます。新聞を読んだり、ニュースを聞くだけで良いのですが、余裕があったら、自分の知らなかった単語を覚えると効果的です。語彙を増やせるので、本番のテストのときに役立ちます。この他には過去問をします。時間を測ってできるだけ早く解答できるように訓練しておきます。toeicの問題数は多いですが、実力がついてくると時間以内に解答できて、見直しができるようになります。